スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
コミュニティをつむぐプログラム
コミュニティをつむぎ直そう!

ブログすっかりご無沙汰していましたが、その間に生活が一変しました。

一人暮らしからコミュニティへの生活へ。

そして、今、コミュニティをつむぐためのプログラムを
開催することになりました。

是非、エコビレッジを作りたいと思っている方や、
自分の今、住んでいるコミュニティをより循環型に
変えていきたいと思っている方にお奨めのプログラムです。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

自分も世界も同時にハッピーにできる、
いちばん早くて確実な方法。
それが、エコビレッジという考え方。

富士山を一望する森の中で、連休を中心とした2泊3日。
日常から離れ、大自然の懐に抱かれて、
そのコンセプトや方法論を学んでみませんか?

会場の富士自然教育センターは、
森と湖に囲まれた58haもの広大な敷地に、
快適な宿泊&ワークショップ設備。

澄みわたる空気の中、朝はヨガや瞑想で目覚め、
オーガニック100%のベジタリアンメニューで
ココロもカラダもリラックス&リフレッシュ。
体験型のワークショップで、これからの人生に必ず役立つ、
情報やスキルや気づきをたくさん持ち帰れることでしょう。


---------------- ご案内 (転送・転載歓迎)-------------------

未来につづく暮らしの学び
エコビレッジ・デザイン・エデュケーション
(EDE)

~参加者募集中~


---------------------------------------------------------

いまよりずっとしあわせに暮らしながら、
持続可能な未来をつくっていく方法があるのを知っていますか。
衣食住、エネルギー、お金、環境、孤独、
子育てや老後の不安・・・いまの暮らしにまつわる
問題の解決策のほとんどは「エコビレッジ」にあります。

一人や一家族では実践が難しい持続可能な暮らし方も、
コミュニティという単位なら可能になります。

EDE(エコビレッジ・デザイン・エデュケーション)は、
国連「持続可能な教育のための10年」の重要な位置を占める、
国際的な教育カリキュラム。
いよいよ日本でも記念すべき第1回のスタートです。

EDEは経済、社会、世界観、環境の4科目から構成されます。
この4科目を統合的かつ体験的に学んでいきます。

この夏はファシリテーター(講師)陣による合宿が開催され、
プログラムの詳細に至るまで綿密な話し合いがもたれました。
まさに、世界に発信できる
日本型のEDEが誕生しようとしています。
引き続き11月の開講に向けて、
さらに熱気あふれるEDEにご期待ください。

カリキュラム詳細はこちらをご覧ください。
http://www.gaiaeducation.org/docs/EDEJapanese.pdf
(180ページを超えるPDFファイルです)

●ファシリテーター/講師(予定)
経済:ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ、田中優
社会: 榎本英剛、森良
世界観:廣水乃生、古田偉佐美、メイ・イースト
環境:糸長浩司、山田貴宏、日高保、木の花ファミリー百姓隊
全体:古橋道代、中園順子、鎌田陽司

● 開催日程
第1回 経済 11月1日(土)、2日(日)、3日(祝) 
第2回 社会 11月22日(土)、23日(日)、24日(祝)
第3回 経済 12月20日(土)、21日(日)、22日(月)
第4回 社会 1月10日(土)、11日(日)、12日(祝)
第5回 世界観 2月13日(金)、14日(土)、15日(日)
第6回 環境 3月20日(祝)、21日(土)、22日(日)
第7回 世界観 4月29日(祝)、30日(木)、5月1日(金)
第8回 環境 6月12日(金)、13日(土)、14日(日)

● 開催場所
日本大学 富士自然教育センター
〒418-0107 静岡県富士宮市佐折字狂入632-3
JR身延線・富士宮駅から富士急静岡バス「休暇村富士」行き
田貫湖南下車(約45分・800円)
(第7回のみ別の場所になる予定です)

東京駅→富士宮駅は高速バスも運行されています。

● 定員
30名程度(お早めにお申し込みください)

● 参加費
1回参加の場合 4万円
1科目(2回)参加の場合 7万円
全8回参加の場合25万円
(2008年9月17日までにお支払いの方は24万円)

講座受講料・宿泊費・食費を含みます。
受付は全8回参加される方が優先されます。
全8回/4科目の90%以上参加された方に、
ガイア・エデュケーションより修了証書が発行されます。

●主催:NPO法人開発と未来工房 http://afutures.net
日本エコビレッジ推進プロジェクト http://jepp.org/
後援:環境省、グローバル・エコビレッジ・ネットワーク、
NPO法人「持続可能な開発のための教育」推進会議

●お問合せ・お申込み
E-mail: jepp.org(at)gmail.com
*(at)を@に変え、
件名に「EDE問合せ」または「EDE申込み」
と明記してください。

詳しくは http://jepp.org/
をご覧ください。

--------------------------------------------------------------------------
NPO法人開発と未来工房 http://afutures.net
日本エコビレッジ推進プロジェクト http://jepp.org/
--------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

【2008/09/14 08:39】 | ライフスタイル | トラックバック(0) | コメント(1) |
サステイナブルなお洗濯とお風呂
みんなはどんな風にしてお洗濯している?

私は1年半前に一人暮らしを始めた時に、洗濯の仕方もサステイナブルにしたいなぁって思っていました。

それで、洗剤を使わないランドリーリングを使っています。

http://www.gaiaworks.com/ring.html

良く「合成洗剤 vs 純石鹸」で石鹸の方が良いとされていますね。色々な説があるけれど、私は以前、化粧品の開発の仕事をしていた際に、原料としての界面活性剤のぬるぬる感と皮膚の油分をこそぎ取ってしまう触感を体験しているので、合成洗剤は使う気にはなれないでいました。

そして石鹸は生態系のシステムの中で分解されやすいと言われているけど、やはり都市化した生活の中で、これだけ多くの人が洗濯をしていると、生態系も手におえない分量の石鹸が流れていくのだろうなぁと思います。

多摩川の魚がメス化しているのは、都心に住む各家庭から出るトイレからの排水の中に、女性の生理で出されるホルモンが人口の集中によって多量に排出されることが原因であると東京都の環境系の研究所の方から聞いたことがありますが、それと同様に人間が集中して生活をすること自体が、地域の環境を著しく破壊していることになってしまうのですね。

そこで、ランドリーリングに行き着いたのです。
使ってみると、汚れは普通に落ちると思います。ただ、白いタオルは漂白剤の入っている合成洗剤のように更に白くなったり、ずっと白いままであることは難しいですね。多少、グレーっぽくなってくるとは思います。(比較しないと気づきませんが、新品の白いタオルと比較すると白さの違いがわかる感じです。)

すごく良いのは、乾いた洗濯物を取り込んだときの匂いが、お日様の匂いがお日様の匂いなんですね。そしてタオルの風合いもふんわりしています。

それから、お風呂に入るときですけど、私は体を石鹸を使わずにオーガニックコットンのタオルで洗っています。分泌物の多い部位で気になるところは石鹸を多少使いますが、他の部位は石鹸無しです。

30代も半ばを過ぎたら、石鹸は使わない方が肌には良いと聞いたことがあります。冬、肌がカサカサになって潤いがなくなると言いながら石鹸を使っている方、石鹸を使うのをやめてみては如何でしょうか?

石鹸を使って天然の皮脂をこそげ取ってしまった後に、クリームをつけるのは本末転倒のような感じがするんだけどなぁ。

ちなみに私は布良というタオルを使っています。
髪の薄くなった人はシャンプーの代わりに、これをお湯に濡らして頭にかぶっでマッサージすると、毛が生えてきたという報告がニュースレターに毎月のように載っています。実家の母もやってみたら黒髪がチョロチョロと生えてきたみたいでした。

興味のある方は「布良(ふら)」で検索してみてね。

ちなみに私はシャンプーは石鹸シャンプーを使い、リンスはクエン酸を溶かしたものを桶に入れて髪を浸して中和し、椿油で整髪しています。

この椿油、優れものです!もっと早く知りたかったわ~!見た目、匂いもありそうで、重そうだけれど、実は無臭でさらっとしていて、髪のボリュームが出すぎてしまうときに押さえるのに丁度良い感じでまとまってくれます。
P1010871s-.jpg


変な化学物質の入ったムースとかジェルとかの整髪料を使うと、頭皮~直接血液にそれらが流れて、生殖器に溜まるそうです。近年、お母さんの羊水がシャンプーの匂いと同じだったり、手術して摘出された子宮筋腫も整髪料の匂いがしたりすると言う記事を目にしたことがあります。

古くからの日本の智恵を生かして、健康にサステイナブルライフを楽しみたいですね!

テーマ:自分流で良いじゃん♪ - ジャンル:ブログ

【2006/11/25 23:34】 | | トラックバック(0) | コメント(2) |
心のエコビレッジ
日本のエコビレッジに行ってきました!

日本でエコビレッジを作りたいと思いながら、この4年が過ぎた。エコビレッジの研究みたいなこともその間してきたけど、日本ではまだ確立したエコビレッジなど無いと思っていた。

ところが・・・あった!
そして、先週末1泊で[エコビレッジの本出版チーム」の仲間と行って来ました。西富士宮にある、「木の花農園」http://www.konohana-nouen.org/

欧米のエコビレッジの観点から見ると、エコビレッジと呼ぶには建物などの物質的な点ではエコでは無い部分もあるかもしれない。

でも、冒頭に書いた「エコビレッジの本」を日本で出したいと思ったのは、日本のエコビレッジムーブメントが、あまりにもハード面に偏りすぎていると思ったから。

北スコットランドの共同体「フィンドホーン」で行われた1ヶ月間の「エコビレッジトレーニング」に2002年に参加してきた。そこでの私の最大の学びは「エコビレッジとはエコロジカルな家の集合体に住むことだけではなく、むしろそこに住む人が周囲の環境と調和しながら、いかに心地良く暮らすことができる仕組みがあるか」ということ。

環境に配慮した家も無農薬栽培の畑も、確かに無くてはならないし、素晴らしいものではある。

そこに住むために集まった一人一人が確固とした自分ならではの「理想のエコビレッジ」を期待してしまうことで、メンバー間のイメージの相違や、そこで起こっている現実の生活と理想の相違によって、関係がギクシャクしてきてしまって、崩壊に至ることも多いみたいだとは、木の花農園の広報担当のIさんのお言葉。

「木の花農園」は13年前にスタートし、今でも当時のメンバーがそのまま残っています。一度、このコミュニティを離れて、まだ戻ってきた人もいたり、新しく加わった人もいます。

ここに住む人は、本当に意識が高く、コミュニティとしてコンセンサスを取る際も、いざこざは無くスムーズです。そこには、欧米のコミュニティで見られる「いざこざの解決法」や「意見の一致の確立法」などの心理学的な手法は一切とられていません。

あくまでも全てが自然体。そして、自分を見つめ、自我に気づき、相手を思いやる気持ちを持つことで、軋轢が生まれることが殆ど無いようです。
勿論、コミュニティが始まったばかりの頃は、多少あったようですが、メンバーの意識が高くなるに連れて、スムーズなコミュニケーションが取られているようです。

エコビレッジを作る際に、一番大切なのは、コミュニティのメンバーを繋ぎ合わせる共通の理念である「グルー」(日本語で糊のこと)を明確にすることであると、私がエコビレッジに関するプレゼンをする際に、必ずお話をするのですが、このコミュニティのグルーは「調和」なのだと感じました。

自らとの調和、家族との調和、コミュニティとの調和、周りの環境との調和、地球との調和。調和の和は「日本」と言う国を表す文字でもありますね。

きっと日本では欧米とは異なるこの「和」の感覚によって、日本独自のエコビレッジの形が出来上がるのではないかと思っています。

こうしたコミュニティの一体感が確立されれば、後はハード面であるエコロジカルな建物を建てたり、畑を作ることは、比較的容易に成されることだと感じています。

また、このコミュニティには、10人ほどの子ども達が一緒に生活していましたが、どの子が誰の子どもなのだかわからないほど、コミュニティが家族として機能していました。例えば、Aさんには、二人の子どもがいるんだけど、それぞれの子どもは、子育てが上手な50代の女性の部屋で寝起きを共にしていて、その女性達が日中も世話をしています。生みの母は、その女性達の手がふさがっている時などに、オムツを替えたり、子どもの面倒をみたりしますが、日中は畑や鶏舎などで作業をしています。

そう、コミュニティでは自然に美しい分業が成されていました。若手の男女は畑や収穫した農作物の発送などの作業を行い、男性は力仕事、ちょっと年上の女性達は食事の支度、子どもの世話、保存食の生産などを担当しています。

すっかり高齢出産の年齢になってしまっている私にとって、これからパートナーと出会って、子どもを生んでも育てる体力がどうかなぁ~なんて不安に思っていたけど、こういうコミュニティならば大丈夫だなぁ。と思った次第。

ここでは、お金の不安も無いみたいでした。食べ物は調味料から飲み物に至るまで殆ど自給です。マヨネーズも味噌もしょうゆも、ぜ~んぶ手作りで美味しかった!

食べることに困らないし、農作物の宅配やお弁当の仕出し、農作物の加工品(お茶、クッキー、芋の粉など)の販売による収入が充分にあるようです。

「外に遊びに行くことはないの?」と若手のメンバーに聞いてみたら、「別に遊びに行きたいって言う気分にならないなぁ。イベントとかがあれば、出展するので行くことはあるけど、ここが一番楽しいもの。ここから出て何かしたいっていう気にならない。色々な人たちが来てくれるから、自分達が出て行かなくても十分に楽しいしね」と言う答えが返ってきました。

だから、外で散財することも無いし・・・。

しかも、必要なものはどこからか誰かがくれたり、買ってプレゼントしてくれるそうです。車にしても、土地にしても、借地にしても、皆が協力してくれると言うことでした。

「へぇ~、そんな夢みたいなことあるの?」と思うよね~。
でも、実際に行った私も、彼らに何かプレゼントしたいような気持ちになっています。

人の気持ちをそういう気分にさせる、清らかな心を持った人たちの温かい振る舞いに接して、関わった人たちは、「協力したいな」という積極的な気持ちになるのでしょう。

「徳を積む」と良く言いますが、彼らは本当に徳を積みながら、でもそれを意識することなく、日常の当たり前の生活として行っています。

実際に私が農作業を手伝っている時も、地元のおじさんが来て、外で怒鳴るように大きな声でコミュニティの人と話をしていました。どうしたのかなぁ?と思って後で聞いてみると、その人は地元で事業を営んでいて、木の花農園に随分ただで色々な工事をしてくれているとのこと。今日は苗を買いに来たのだけど、いつもお世話になっているから「お金は要らない」とコミュニティの人が言ったところ、「それは良くない。払わせてくれ!」と大声で怒鳴っていたんだとか。(笑)

「お金の無い国」の寸劇を見たことがあるけど、それを地で言っている感じでした。

今後、富士山が真正面の見えるところに環境に配慮した建物も立つ予定があるみたいです。そうなると、ますますエコビレッジとして確立するんだろうな。
既にコミュニティの心はエコビレッジだけどね。

結局は、一人一人の心が調和に向かっていくことなんだなぁ。と思いました。
ここにいるだけで、色々な不安が吹っ飛んで行ってしまうくらいパワフルな体験をしたのだけど、そこにいた時は本当に穏やかなエネルギーに包まれて心地良かったです。

あまりに心地良くて、左脳が停止していたので、写真をとることも忘れていました。あ~、10月にタイでエコビレッジのアジア地区の会議で発表しようと思っていたのにぃ~。
(他のメンバーが写真をくれることになりました。木の花農園のシステム担当のIさんも全面的に協力してくれることになって、ホッ!)

まだまだ書き足りないことはあるけど、後は仲間の報告を見てね!
(全てmixiです)

東京植林さん
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=223333043&owner_id=216

安楽樹さん
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=223240323&owner_id=1024175http://mixi.jp/view_diary.pl?id=223998583&owner_id=1024175http://mixi.jp/view_diary.pl?id=224588651&owner_id=1024175

ヒッピーHIROさん
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=223645771&owner_id=703595

はぐちゃん
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=224106536&owner_id=5082841









【2006/09/20 12:46】 | ライフスタイル | トラックバック(0) | コメント(10) |
盆踊り大会で想ったこと
すご~く、久しぶりに盆踊り大会に行ってきました。それも今までの人生の中で、一番ゴージャスな盆踊り大会!

そもそも今日、私はこの3月に亡くなった人生の先輩であるKさんのお墓参りに奥様と一緒に行くことがメインだった。Kさんとは、バンクーバーで環境エクスポがあり、そこで、お目にかかったのが最初。私はカナダに住んでいて、ボランティア通訳をしたのだが、その時に日本からの使節団ということでいらしていた。

大手上場企業の環境推進部長をされていらしたKさんには、帰国後もその素敵な生き方を実践して見せてくださることで、たくさんの啓発をしていただいた。まだ59歳でいらしたのに、昨年秋にガンであると診断され、それからが早かった。昨年春に最期にお目にかかった時は、お元気そうだったのに・・・。

毎年ゴールデンウィークになると、神奈川県の山間地に借りられた不耕起の畑に「あそびにいらっしゃい。」とお誘いを受けていたのに、中々行けず、漸く今年は行こうと思って連絡を差し上げて亡くなられたことを奥様から聞かされた。

奥様ともKさんの講演会や野草料理教室などで2回ほど面識があった。すごくキュートな奥様。Kさんの1番のファンと言う感じで、講演会もうなずきながら聞き入っていらして、素敵なご夫婦だと思っていた。

この5月から、Kさんが亡くなられたことのショックが頭から離れない。「何であんなに善良な人を、地球の再生に前向きな人を神様はこんなにも早く連れて行ってしまわれたのか?」「食べ物にも注意され、ウォーキングなどもされていたのに、どうして?」「まだまだ、世の中のために活躍される人だと思っていたのに・・・」などの想いが胸をよぎっていった。

最近感じるのは、「きっと神様が別の肉体で、更なる仕事をしてもらうために、連れて行かれたのではないかな?」ということ。何だかまたきっとKさんの魂に会えそうな気がしている。

Kさんにお線香をあげて、感謝を伝える。Kさんの計らいで、こうして奥様とも仲良くさせていただけて、しかもお寺の盆踊りにまで誘っていただけて、本当に楽しい時間を過ごさせていただいた。縁を繋いでくださっているんだなぁと感じた。

さて、この盆踊り大会、エコビレッジを研究する私にとっては、ただならぬ場だったのだ!

まずKさんの奥様が色々な人から話し掛けられている。何だかそこにいる人の3分の1くらいが知り合いみたいな感じ。

昔はこうしたお寺がコミュニティの中心だったんだなぁとしみじみ感じた。いつからお寺はコミュニティセンターの役割を果たさなくなったのかな?宗教とコミュニティセンターとしての役割をはっきりと分けさせられる戦後の仕組みがあったようなことをどこかで読んだことがある。とっても残念なことだと思った。

ちなみにこのお寺、宗派は関係なくその家の宗派を守り続けてOKだそうで、クリスチャンもいれば、浄土宗もいれば、真言宗もいると言う感じ。すごくオープンなお寺なのだ。海外からの訪問者もかなり多いらしい。

さて、この盆踊り大会がすごかったのは、その規模が大きかったこともさることながら、そこに来ている老若男女がみんな輪になって楽しく踊りに参加していること。しかも、そこは横浜から10分、東京の都心から30分くらいの場所にある住宅街。まだ、こんなすごいコミュニティがあったんだ~、と感心。

地域の人が皆で準備して作り上げた盆踊り大会であることを、会場の端々から感じることができた。

Kさんも盆踊りが大好きだったと聞いた。踊ることが大好きな私は、この日のために新調したゆかたを着て、Kさんがくださったご縁に感謝しながら張り切って踊り続けた。

色々なことを考えさせられた盆踊り大会だった。
Kさん、ありがとう!



テーマ:お祭り/花火大会 - ジャンル:日記

【2006/08/21 01:41】 | | トラックバック(0) | コメント(2) |
つながる命
お父さん、いらしゃいませ~!

もうお盆もお中日を過ぎた頃だと言うのに、遅ればせながらお盆のしつらえをしてみた。実家の母は高齢のためにお盆の灯篭などは出せないと言っていたので、6年前に亡くなった父は、帰ってきたくても帰る場所が無いようで、かわいそうだなぁと感じていたからだ。

会社の帰りにお花を買って、はぐくみ農園さんから送ってもらったきゅうりの中から乗り心地の良さそうな曲がり方のきゅうりを選んで、割り箸で足をつけた。

何事にも計画性の乏しい私・・・。きゅうりのお馬はバランスを崩してコケた。「あ~、ごめん、お父さん、これじゃあ役に立たないよねぇ~。」なんて言いながら、おかしくってケラケラ笑いながら、なんとかきゅうりの馬の完成!

「おまえらしいなぁ~。まぁ、一生懸命作ったみたいだから、これでいいよ」という優しい父の声が聞こえてきそうだ。

お盆


蜜蝋に火をつけて、お線香をあげて、久しぶりに般若心経をあげようとしたが、何と途中で度忘れ!なんたることだ~!
仕方なく写経用のテキストを持ってきて、3回唱えて父を我が家にWelcome!

ろうそくの炎がさっきより大きく揺れて、なんだか父が家に遊びにきてくれた感じがした。

命のつながりを感じて、感謝して生きられるのって素晴らしいね。
私がこうして毎日を楽しく豊かに生きさせてもらえるのも、お父さんやご先祖様のお蔭だなぁと感謝

そして、私が喜ぶと、彼らはいつも一緒に上で喜んでいてくれる気がする。
体は無くても愛情は感じることができるものね!

みんなもちょっとイメージしてみて!
あなたの後ろにはご先祖さまがゾロ~っといつもサポート隊のようについて歩いていて、あなたが喜ぶと応援団のように彼らも一緒に喜んでくれるところを。

ありがたいことだよね。あなたのために喜んでもらえるってさ。

ありがとう、ありがとう、ありがとう!

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

【2006/08/15 23:48】 | | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム | 次のページ
心地良い暮らし


体や心に心地良く、環境にも優しいサステイナブルなライフスタイルを色々な切り口から紹介していきます。

プロフィール

みっちゃん

Author:みっちゃん
地球上に住むありとあらゆるものが平和で幸せに生きることが出来る世界のビジョンを描いています。
カナダの大学で環境科学を勉強し、帰国後、東京都環境学習リーダーにもなりました。
スコットランドにあるフィンドホーンという共同体にて「エコビレッジトレーニング」を受講し、日本にもエコビレッジを作りたいと思っています。
歌とダンスを愛するO型のうお座です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。